読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【考察】獣の奏者の疑問1 闘蛇の飼育


 

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

獣の奏者 全5冊合本版 講談社文庫
 

 

そもそも、なぜ他国は闘蛇の飼育を行わないのでしょう?
隣国ラーザが闘蛇を飼育し始めますが、もっと早くからなぜやらなかったのでしょうか?

 

特滋水がないから?

 

いえ、特滋水はなくても飼育はできます。なおかつ繁殖も出来てしまいます。特滋水は繁殖させないための薬です。

 

 闘蛇衆が特滋水を使った飼育をするのは、(多少納得いかないが)決められていることだから仕方ないとしても、他国の人間は特滋水を使う必要はありません。手に入らないし何より秘密ですし。特滋水なしなら飼育できるどころか、特滋水を使っていては不可能な「繁殖」ができます。特滋水を使うと闘蛇の体が大きくなり戦闘力が上がるのは事実ですが、他国は国内に闘蛇がおらず密輸入というか、こっそり忍び込んで卵を盗んでくるような状況下です。自国内で繁殖させることができればこんな楽なことないですよね。

 

 だとすると、規範を知らない他国が先に繁殖させることができるようになるのは当然のことです。小型の野生に近い闘蛇にしかならないかもしれませんが、繁殖させることができればいちいち卵を盗む必要もないわけですから、まずは大量に繁殖させ体を大きくしたり力を大きくしたりするのは次の段階のはず。

 

はっきりいってその辺の設定がザルです。