読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【マンガ】テンプリズム12巻 完結 ネタバレその1 ★☆☆☆☆ やっと終わった

【マンガ-曽田正人】 ★☆☆☆☆

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

まあ、まずはストーリー整理を・・・

ニキっちの魔力を吸い取ったせいでライタイトに汚染されてしまったツナシ。でもそのおかげで騎士団の魔力を吸い取ることができました。

魔力が魔力を吸収できるねえ・・・反乱できないってこと?

でも3巻の図書館でニキっちが魔力で骨の国の兵士殺してたよなあ・・あれは?

 

あとなんで土佐弁?

 

まあまとめに入った感じ。人じゃなくてシステムが悪いって考えは好きではないな。最終的には人だろって思うし、その根底となるのは教育なのかなって思うし。

 

まあこれで、11巻からの繋がりにはなった感じはある。

悪人がいるのではなくて悪いシステムがある。人を倒すのではなくシステムを壊す。

 

魔力を吸い込んだせいでオロメテールが使えなかったツナシにオロメテールを再生してくれる眼帯。

 

・・・もうなんかいろいろ省略。システムぶっ壊してリセット。

アップンと二人旅に出るツナシ。追いかけるニキっちとベルナ。end

 

正直、曽田先生本人も満足ではなかったのではないのじゃないかな。駆け足過ぎるし、あちこち破綻が見える。

テンプリズム、Tnth prismらしいんだけど、きっと10人のメインキャラクタを想定していたんじゃなのかなあ。事九やゴート、ニキっちパパに眼帯まで10個のプリズムに入れちゃうのはかなり無理を感じますな、先生。アップンも初期のあとがきを見るとアップン目線で書くとかあったんですけども、途中からほとんど出番なし。

 

獣人<ベコーラ>についてもちょっとおかしい

12巻では獣人は骨の国が作ったことになってるが、最初の方では骨の国はまず獣人を処刑してる。まあ一般庶民(アップン)は知らない可能性もあるが、不自然ではある。

 

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com