読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【マンガ】東京喰種(グール) 喰種ひとりが生活するのに必要な人間の数を考えてみよう【考察】


 

 

  • 喰種は一月に一人程度の人間を食べればい
  • ただし、若い個体などはもう少し食べる?
  • たまに大食いがでる?

という条件のもと、喰種一人が生活するにあたり、どれだけの人間数が必要か考えてみましょう。

 

 

  1. 最低年間12人の人間が必要
  2. 出生率が2.0、つまり一組の夫婦が一生の間に2人の子どもを生むとします。(現代日本では1.4~1.5程度です)

一人の人間のサイクルで考えると

  1. 出生
  2. 成長
  3. 出産(出生率2.0、本来なら女性に限定すべきですが、面倒なので「男女問わず一人の人間が一人産む」とします)
  4. 育児
  5. 食べられる

というのが喰種にとっては効率がよろしい。育児までさせないと成長できなくて効率が悪いから、ある程度まではおまかせしたいし。

となると、育児まで終えるのが40~50歳位でしょうか。45歳としましょう。

 

喰種は出産・育児を終えた45歳の人間を毎年12人食べる、それが一番効率が良いわけです。

ということは各年齢、0歳~44歳までの人間を12人キープしないと、元本割れですね。人口減少です。

12人×45年=540人

 

 

一人の喰種が生活するためには540人の集団を抱えていないと、人間は食い尽くされてしまうんですねえ。しかもたまに大食らい出たり、若いうちはお腹へったり、喰種に食べられる以外の病気・ケガ等で死ぬ人間がいることを考えると、1000人は必要でしょうか。

 

喰種:人間=1:1000

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

kohidekazu.hatenablog.com