読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【ゲーム】オーバーウォッチ wiki訳 ルシオ編 【Overwatch】

【ゲーム-オーバーウォッチ】

f:id:kohidekazu:20160615175800p:plain

# Lúcio - Overwatch Wiki #

1.概要

1. Official Tips

  • ルシオはチームのスピードをアップさせヒールを与える高起動型サポートヒーロー
  • 必要なときにはアンプを使って効果を増大させる
  • Sound Barrierでチームを大ダメージから守る

2.能力

  • Wall ride:壁に登ってそのまま走ることができる。
  • Sonic Amplifier :ルシオは音で敵を攻撃したり、音圧でノックバックさせることができる。
  • Crossfade :ルシオは音楽により自分と周辺のチームメイトを継続的に力を与えます。スピードアップとヒールの2曲にスイッチすることが出来ます。
  • Amp it up :ルシオはスピーカーのボリュームを上げる事で、音楽効果を増加させることが出来ます
  • Sound Barrier(Ultimate ability):防御波をSonic Amplifierから放出することで、彼と周辺の味方を短時間シールドする。

3.戦略

ルシオはゼニャッタとマーシーの中間に位置するような多彩なサポート。Crossfadeにより発生するヒーリングは、Sonic Amplifierによるダメージに寄与することになるし、比較的多いHealthとSonic Amplifierのサブ攻撃であるノックバックによりゼニヤッタより生存率が高い。彼は大規模なスピードアップを提供することが出来、Ultにより大ダメージを吸収することも出来ます。ソルジャー76によく似ていて、ゼニヤッタほどのダメージを出すこともマーシーほどのヒーリングも出来ないという専門性の欠如という代償を支払った。

3.1武器と戦術

  • 壁走り(受動的):壁が近づいてきた時、ルシオはジャンプボタンを押し続けることで壁を滑ることができる。壁が終わるか、ジャンプボタンを離すまで壁を走り続けることができる。ルシオはこの能力で十分な長さがあればしっかりとした壁を登ることができる。壁走りのときにジャンプボタンを素早く押すことで横壁をホップして通常より高くまで行くことが出来ます 壁走りを使うことで、Temple Anubisの最終ポイントの別の面を見ることが出来ます。壁走りを使って色んな面を滑ってみましょう

  • SonicAmplifier:ルシオのプライマリウェポン。4弾の音波を発射し、弾が当たった標的に対しダメージを与えます。セカンダリウェポンはショートレンジのコーン状の音弾を発射し、ダメージを与えるとともに相手をノックバックさせます。プライマリウェポンの音弾は速度が遅いです。ヒット数を最大化するためには標的を誘導するように心がけましょう。

  • セカンダリウェポンはとても使い勝手があります。ロードホッグやリーパーのような危険な敵を退け、Iliosの穴のようなところに敵を叩き落とすことができます。角に押しやると標的にしやすくなります。またはプライマリウェポンと直接攻撃のコンビネーションにより素早くダメージを与えることも出来ます。

  • Crossfade:クロスフェイドはルシオをの周囲の目が届く範囲の大きなエリアに居る味方に対し影響する、継続的かつ恒久的なオーラを付与します。ルシオは2つの異なったオーラを切り替えることが出来ます。:ヒーリングオーラはゆっくりとですが影響下にある味方のヘルスを回復します。スピードオーラは影響下にある味方の移動速度を増大させます。ルシオはリスポーン後は常にスピードオーラを使っています。必要に応じて2つのオーラを切り替えます。スピードオーラはチームが危険地域を通り抜けるのに役立ちますし、ヒーリングオーラは負傷した味方の治療に役立ちます。 戦闘で誰と対峙しているかによっては、ヒーリングオーラよりスピードオーラを選択するほうが良いこともあります。スピードを増すことは発射物を避けやすくなるし、ウィドウメイカーがあなたにヘッドショットを狙うのを難しくさせます。

  • Amp it Up:効果を発揮している時、ルシオは今選択しているクロスフェードオーラの効果を数秒間増加させることが出来ます。ヒーリングオーラはもっとヒールできるし、スピードオーラはもっとスピードアップできます。AmpItUpは長いクールダウンがあります。可能なときに簡単に使うのではなく計画的に使いましょう。チームの仲間が瀕死の時などはAmpItUpでヒーリング効果を増大させる状況です。チームがポイントに早く到達する必要があるときはAmpItUpでスピードオーラの効果を増大させましょう。例えばファラのバレッジのようなUltimateから逃れる時などにも役立ちます。

  • Sound Barrier(Ultimate):ルシオのUltimate Ability。ルシオが意図したときに僅かなキャストタイムの後に、一時的に強大なシールドを自分自身とクロスフェイドの範囲内の味方に対して付与します。このシールドは一定時間の間に徐々に減衰します。SoundBarrierは攻撃の時(キャプチャポイントのような危険地帯を攻めるとき)にも、防御の時(チームが避けきれないようなUltimate攻撃を受けた時)にも使えます。SoundBarrierをキャスト中に死んでしまった場合はSoundBarrieは発動されていません。パニックになったときに使うより、チームが大ダメージを受ける前に使うほうがいいでしょう。 チームの他のUltimateと合わせてSoundBarrierを使いましょう。ファラやリーパーのようなヒーローがUltimateを使うときにSoundBarrieを使えば、殺される心配なくUltを使うことが出来ます。ラインハルトのEarthshatterのように、ルシオがSoundBarrierをキャストし終わるときは空中ではなく地上にいます。

3.2 一般戦術

  • ルシオはどんなチームでも歓迎されます。彼はヒールをこなすことや、味方を素早く移動させること、敵をコントロールしながらダメージを与えUltを打ち消すことが出来ます。チームがサポートを必要とする時はルシオは常に素晴らしい選択と言えるでしょう。

  • スピードオーラと壁走り、SoundAmplifireのセカンダリーであるノックバックは彼を負傷から遠ざけます。マーシーほどの優先対象ではないが、殆どの敵はヒーリングオーラを排除するためにあなたを攻撃してくるでしょう。壁走りをすることで他の多くのヒーローでは考えられない独創的なマップの使い方ができます。例えば、Lijiang Tower(麗江タワー)では、ルシオは周囲の壁を跳躍することで敵の攻撃を避けたり、素早くオブジェクトを取りに行くことができるようになります。カスタムゲームを使って相手が気づいていない道を探してみましょう。

  • 十分なベースヘルスとヒーリングオーラによる継続的なヒールにより、 ルシオは他のサポートと比べても丈夫です。ゼニヤッタのように後方に位置するのではなく、自分自身が負傷しないように注意を払いながら、味方の近くでクロスフェイド効果が利益をもたらすようにしてください。