読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【キングダム】そもそも なぜ6人なのか 【考察】六大将軍を考える2

【マンガ-キングダム】 【マンガ】 【考察】

 

 六大将軍の謎

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

前回のラストでこう断言しました。

「真・六大将軍」に課せられた使命とは「一人一国」

 

ということは逆を言えば、一人一国取った人物だけが六大将軍入りができるということです。

実際のところどうだったのでしょうか。

 

史記およびwikiから作成した表。(秦を除く)七雄を滅ぼした年とその戦いに参加した主な将軍

    おもな将軍
BC230

秦王政17年

   
BC228 秦王政19年 王翦 羌 瘣  
BC225 秦王政22年 王賁    
BC223 秦王政24年 王翦 蒙武  
BC222 秦王政25年 王翦 王賁 李信
BC221 秦王政26年 王賁 李信 蒙恬

見事に、キングダム41巻時点での六大将軍候補がそろっています。いないのは楊端和と桓騎かな。桓騎はしばらくすると李牧にやられて行方不明なのは確定してます。

 

 

ここに出ているメンバーが六国を滅ぼした将軍といえます。・・・ということは

 

  1. 蒙武
  2. 王翦
  3. 王賁
  4. 李信
  5. 羌 瘣
  6. 蒙恬

むう。7人か。やはり蒙武→蒙恬への交代説かなぁ。蒙恬が活躍するのは斉の時だし、その時に蒙武がすでに死んでいることもあり得るな。

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

または羌 瘣が落選するかだろうなぁ。

 これは、ないだろ。

 

最終の斉の時なんて見てください。王賁、蒙恬、李信の揃い踏み。この3人の六大将軍が競って斉を征服するところなんて今から感動ですよ

 

 しかし、これが当たっているとすればすごいなぁ。騰や李信、羌 瘣なんて史記でもマイナーな人物だと思っていたけど当初から「六大将軍」で「一人一国」を構想していたのか。李信なんて情報が少ないから自由に動かせるよねとか思っていた俺が浅はかだった。トウだってそうだよね、オウキの副官で人気が出たから使っているんじゃなくて、トウのためにオウキがいたってことだよなぁ。

 

これは結構当たっている気がする。

なぜなら騰、李信、羌瘣というはっきりいって史記でマイナーな人物が揃ってキングダムでも活躍していて、なおかつ他の六国を滅ぼす戦いに参加しているというのは偶然が重なりすぎ。

他の六国を滅ぼす戦いに参加しているからこそ、キングダムでレギュラークラスの活躍をしているとしか思えない。

 

 ebookjapanなら、電子書籍で購入可能。