読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【マンガ】ラシャーヌ 魔夜峰央 今読んでも面白い ★★★★☆


パタリロで有名な魔夜峰央。そのもう一つの隠れた名作がこのラシャーヌ。

 

 

 

 

ラシャーヌ! 1 (白泉社文庫)

ラシャーヌ! 1 (白泉社文庫)

 

 

 

ラシャーヌ! 3 (白泉社文庫)

ラシャーヌ! 3 (白泉社文庫)

 

 

 

ラシャーヌ! 2 (白泉社文庫)

ラシャーヌ! 2 (白泉社文庫)

 

 

 

ラシャーヌ! 4 (白泉社文庫)

ラシャーヌ! 4 (白泉社文庫)

 

 

 

 

4巻で完結なので、お手頃。
 
f:id:kohidekazu:20151027081558j:image
彼がラシャーヌ。インドのそれなりにお金持ちのお家の息子で、人(特に父親やおじ)をおちょくりのが大好きで、ワル知恵が働くけれど、ほれっぽくていつも誰かを好きになっては振られるのがお約束。
 
f:id:kohidekazu:20151027081828j:image
これはラシャーヌが変装しているところですけども、こんな感じで。
いやー、この間とか今見てもおも。チーっとも古臭くないね。
 
そしてこれが準主役というか、ラシャーヌをおいかけるおじさま(父親の弟)
f:id:kohidekazu:20151027082125p:image
最初こそ冗談ですが、いろいろあっていろいろあった。
f:id:kohidekazu:20151027082215p:image
 
今読んでもほんとおもしろい。懐かしいからではなく、普遍的なギャグのセンスはパタリロよりこちらに出てると思う。
 
ただ残念なのは4巻のパパラシャーヌ。これなぜか読んだ事なかったんだが、下品。これを書いちゃうとダメだったんじゃないだろうか。ラシャーヌがパパになるのはいいが体を売ったり、好きでもない人に抱かれたりするのもガッカリだし、その場面も見たくなかったな。以前のように前後のシーンだけでいい。
 
f:id:kohidekazu:20151027082554p:image
f:id:kohidekazu:20151027082611p:image