読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【書評】ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ ★★★★☆


 

内容紹介

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

 

これも範疇としてはラノベになってしまうのでしょうか?

 

表紙が最近のキレイなアニメ絵っぽいので、なんとなーく手に取りづらい年齢層の方も多いような気がしますが、中身はしっかりしたミステリーだし、古書という切り口もいいと思います。登場人物もちゃんと造形ができてるし、不必要な人物もなくそれぞれに役割があり、主役二人に関しては好感がもてて応援したくなります。

 

ラノベも読むんですよ?読むんですけど、なんでもごちゃ混ぜすぎて昔ながらのジャンル区分を壊しているような気がして仕方ありません。山田風太郎菊地秀行田中芳樹も、今の時代だとラノベに括られてしまうんでしょうか?

 

ラノベという皮を被ったほうが売れ行きが良くなるのかもしれませんが、あまりにも種種雑多過ぎて、逆に埋もれてしまっているものがあるんじゃないかと思う今日このごろ。

せっかくの良シリーズなので「ラノベだから」と思って手に取らない人がいるとすれば残念ですね。

 

さて、シリーズも6冊目。あとがきで後1~2冊と書いてありましが、いいと思います。長々と続くことがオモシロイ時もありますが、このシリーズはお母さんとの決着をつけた当たりで完結させたほうが綺麗だと思います。

 

今回は第1作と同じく「太宰治」、あの人も出てきます。もうちょっと主役二人がキャッキャウフフしてくれてもよかったんですが、あの二人だとこのくらいでしょうかねえ。

 

★-1はちょっと今回の犯人がねえ。そうくるかなぁ?ちょっと納得できなかったので。