読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【マンガ】ゴールデンカムイ10巻 ネタバレあり 【ゴールデンカムイ】★★★★☆ 変態不足

ここ数巻は、変態さんが列をなしてたんですが、今回はあまり変態さんいなかった・・・(´・ω・`)

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

 「オイお前 白石だろッ」 逃げるは上手いが、すぐ捕まる! 第七師団に捕らえられた脱獄王・白石を救うべく杉元、土方一行は「白石奪還作戦」を決行することに。迎え撃つは総本山・旭川第七師団本部!! この作戦に需要と勝機はあるのか!? 冒険・歴史浪漫・文化・狩猟グルメ! LOVE&GAG! 全部煮込んだ和風闇鍋ウエスタンついに大台・第10巻!!!!!!!!

ここ最近ストーリーが複雑になってきた、と言うか「あれ?なんのため?」みたいな状況なので整理。

 

 

状況整理 金塊を負っているグループ

  1. 蝦夷共和国残党・・・北海道独立資金のため。土方歳三永倉新八、牛山、家永、尾形(スナイパー)
  2. 第7師団・・・北海道軍事政権樹立、戦没者慰霊。鶴見中尉、二階堂(耳)
  3. アシリパさんチーム・・・失われたアイヌの宝を取り戻すとか、父親(のっぺらぼう)と話がしたいとか、ヒンナヒンナ。アシリパ、杉元、白石、キロランケ

金塊は追っかけてないけど、別行動しているチーム

  • 谷垣さんご一家・・・アシリパのおばあちゃんのお手伝いとか。谷垣、インカㇻマッ、チカパシ

9巻に引き続き、10巻でも1と3が手を組み、2に対抗。

 

2の第7師団は江渡貝くぅうんが作ったニセ刺青人皮をもっており、その判別方法を探るため1+3は手を組み、網走鑑別所に収監されている偽札造りの名人・熊岸長庵を抑えようとするが、熊岸は他の囚人とともに既に脱獄しアイヌ村に潜んでいた。偶然そのアイヌ村についた杉元たちと乱闘の中で熊岸は死んでしまう。

・・・

めんどくせえ

まああれだ、そんな中白石が第7師団に捕まってしまいそれを助けようとする杉元たち

 

その途中で何人か死んだりもしたけど、私はげんきです。

 

まあ、とりあえず白石を奪還した杉元たち。一体これからどうするのか。

 

【マンガ】アトム ザ・ビギニング 5巻-2 ★★★★☆ ヒゲオヤジが白ひげ先生(アトム今昔物語)とか、アンチクォークとか

前回も書いたように、5巻のメインはユウランことウランちゃんが妹になるまでの話しと、WRBのオープニング。その他白ひげ先生とか。

 

 

 

コレ、どうなんですかね?知らない人のほうが多くないっすかね?wikiにも載ってないみたいだし。

自分はたまたま持ってた手塚治虫全集の中にあった「アトム今昔物語」を読んだことがあったので知ってましたが。

 

 地球へやってきたイナゴ型宇宙人のロケットが墜落! その大爆発に巻き込まれたアトムは、ショックのためタイムスリップの旅へ……。50年前の日本、戦火のベトナム、ロボットたちが自由と権利を求めて立ち上がる世界……、過去と近未来の世界でアトムが出遭う難事件の数々。はたして人間の社会に未来はあるのか!? ロボット時代への予言と警鐘をこめて贈る大巨編!<手塚治虫漫画全集収録巻数>・MT240「アトム今昔物語」1巻収録 ・MT241「アトム今昔物語」2巻収録 ・MT242「アトム今昔物語」3巻収録<初出掲載>・『アトム今昔物語』 サンケイ新聞 1968年9月28日~1969年2月28日連載

イナゴ型で顔だけ人間と同じっていう宇宙人が、地球人に変態して地球に遊びに来るんですが、その際に大爆発をおこし現場にいたアトムとともに1969年にタイムスリップするお話。

イナゴ宇宙人はキリギリス的に働かないし当然のごとく世間知らずだし、アトムも燃料は少ないし、ロボットはまだ普及しないしと苦労続きの仲であったのが、この白ひげ先生。

 

このアトム ザ・ビギニングにとちょっと時間軸がずれているのか、白ひげ先生の病院の地下には若き日のお茶の水(まだ博士ではない)が住んでいる。ザ・ビギニングではお茶の水のおじいちゃんになってます。顔が同じというか、基本同じ人物なので混乱する。

アトム今昔物語では、アトムを作った人と白ひげ先生が同居

ザ・ビギニングにでは、アトムを作った人のおじいちゃんと白ひげ先生が同居

 

知っている人もいらっしゃるでしょうが、かなりマイナーな話だと思われるのでちょっと説明。

まあほぼ間違いなく、Dr.ロロ=堤 茂理也。なぜ女装なのかは不明。

で、この「ギロ」っておばちゃんは軍事会社ヘラクレスのお目付け役ってところ。

午太郎はどうもDr.ロロに惚れてるっぽい

 

シックスの動力源についても

あんちくぉーくをれんぞくばーすと・・・・

 

勝手な理論を入れるのはいいんだよ。ただもうちょっとインチキ理論とか説明欲しいなあ。キン肉マン理論でもいいんだよ。なのに微妙に本当にそういう仮説があるんだけど説明はしてないみたいな話を散りばめてるところ、好きじゃないなあ。ボクはこんなことを知っているんだけど説明が難しいから名前だけにしとくね、って感じ。

知らないなら、説明できないなら書かなきゃいいのに、ってのはいつも思う。小難しい単語いっぱい並べるのに、本当はよくわかってない口ばっかりの友達を思い出す。インチキ理論でいいのに。

 

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【マンガ】アトム ザ・ビギニング 5巻-1 ユウラン(A107)ことウランちゃん ★★★★☆

今まで、なかなかこのアトム ザ・ビギニングに厳しかったんですが、今回は良かったんじゃないかなあ。

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

今まで何に不満があったかというと、

  • A106(シックス)はアトムの原型のはずなのに、性格が違いすぎる
  • アトムなのに人間相手に乱暴を振るう
  • 哲学的ゾンビとか言い出すと、たいてい面白くない。古い。

しかし、今回はシックスとアトムの乖離が少なく、またユウランに対する態度もなかなか高感度が高いし、音声による会話に繋がる流れが自然でよかったのではないかと。

 

 

【マンガ】レイリ3巻 室井大資/岩明均 ★★★☆☆ やっとおもしろくなってきたかな

 

 

個人的には日本三大遅筆漫画家

に追いつけ追い越せな岩明均原作の戦国時代モノ。

そんなことやってるばあいじゃないだろう?ん?

 

とは言いつつ、岩明均なので非常に期待している。

 

 戦国時代。信玄が死に、長篠で負けた武田家に、親をサムライに殺された死にたがりムスメ「レイリ」がおつかえする話。

 

レイリは、勝頼の子嫡男信勝に見た目がそっくりでかつ剣の腕も優れているので、影武者としてお使え。この信勝くん、ちょっと自分の才能を鼻にかけるところはあるが、部下が死んだ時にちゃんと泣けるし、才能も祖父信玄譲りの天才少年

正直言って1~2巻はそこまで面白いと思わなかった。絵もキャラクタも岩明均の劣化verみたいで

 

で、3巻でやっと岩明均コピーくらいになったなあと。

ちょっと作画の人にはひどい言い方だけど。

 

秋津って漫画を書いてらっしゃるそうですが、残念ながら未見

 

 

信玄は、勝頼に跡目を相続させるつもりはなく、信勝に期待していたと。

 

 

確かにこの説は昔からあって、よく言われるのが「信」の字ね。武田本家は基本「信」の字がつくんだけど、勝頼にはついてない。これはもともとが諏訪氏の跡取りだったからとも言えるだろうけども、ちょっと不自然には思える。l

武田氏 - Wikipedia

甲陽軍鑑にも3年秘匿や、信勝相続までの後見人の話はあるが、それまで持たなかったので本当のところは不明。

 

 

信勝くん、ホント優秀