読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kohidekazu's blog 買ってみた。使ってみた。読んでみた。

自分が40代になったことが信じられない40代のために!

【マンガ】テンプリズム12巻 完結 ネタバレその1 ★☆☆☆☆ やっと終わった

【マンガ-曽田正人】 ★☆☆☆☆

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

まあ、まずはストーリー整理を・・・

ニキっちの魔力を吸い取ったせいでライタイトに汚染されてしまったツナシ。でもそのおかげで騎士団の魔力を吸い取ることができました。

魔力が魔力を吸収できるねえ・・・反乱できないってこと?

でも3巻の図書館でニキっちが魔力で骨の国の兵士殺してたよなあ・・あれは?

 

あとなんで土佐弁?

 

まあまとめに入った感じ。人じゃなくてシステムが悪いって考えは好きではないな。最終的には人だろって思うし、その根底となるのは教育なのかなって思うし。

 

まあこれで、11巻からの繋がりにはなった感じはある。

悪人がいるのではなくて悪いシステムがある。人を倒すのではなくシステムを壊す。

 

魔力を吸い込んだせいでオロメテールが使えなかったツナシにオロメテールを再生してくれる眼帯。

 

・・・もうなんかいろいろ省略。システムぶっ壊してリセット。

アップンと二人旅に出るツナシ。追いかけるニキっちとベルナ。end

 

正直、曽田先生本人も満足ではなかったのではないのじゃないかな。駆け足過ぎるし、あちこち破綻が見える。

テンプリズム、Tnth prismらしいんだけど、きっと10人のメインキャラクタを想定していたんじゃなのかなあ。事九やゴート、ニキっちパパに眼帯まで10個のプリズムに入れちゃうのはかなり無理を感じますな、先生。アップンも初期のあとがきを見るとアップン目線で書くとかあったんですけども、途中からほとんど出番なし。

 

獣人<ベコーラ>についてもちょっとおかしい

12巻では獣人は骨の国が作ったことになってるが、最初の方では骨の国はまず獣人を処刑してる。まあ一般庶民(アップン)は知らない可能性もあるが、不自然ではある。

 

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【マンガ】2月に買ったマンガと寸評 今月は22冊でした。

【今月買った】 【マンガ】

1.十〜忍法魔界転生〜10巻 ★★★☆☆

 もともと山田風太郎好きなので買っているが、女性の色っぽさは大変よろしい

 

2-3.メイプル戦記全2巻 ★★★★★

妹がいるため、昔から花とゆめが家にあった。川原泉は少女漫画というジャンルに括ってしまうのは惜しい。

 

メイプル戦記 全2巻 完結セット(白泉社文庫)

メイプル戦記 全2巻 完結セット(白泉社文庫)

 

4,5,6 応天の門4,5,6巻 ★★★★☆

 先月から買い始めたシリーズ。ちょっと事件の範囲が小さい感じですけど、まあ平安時代らしいのか?

応天の門 6 (BUNCH COMICS)

応天の門 6 (BUNCH COMICS)

 
応天の門 5 (BUNCH COMICS)

応天の門 5 (BUNCH COMICS)

 
応天の門 4 (BUNCH COMICS)

応天の門 4 (BUNCH COMICS)

 

 

7. アトム ザ・ビギニング4巻 ★★☆☆☆

 うーん、アニメ化するほどかねえ?単にアトムのネームバリューだろ

kohidekazu.hatenablog.com

 

8,銀河英雄伝説5巻 ★★★★☆

 オリジナル風味が強いのが好き嫌い分かれそうだが、俺は好き。ただ途中の戦術で納得できないところが時々あるなあ

 

9,10 あいまいみー1,2巻 ★★☆☆☆

 たまにすげえヒットを打つが基本的に、ええまあちょっと・・・

 

あいまいみー 1 (バンブーコミックス WIN SELECTION)

あいまいみー 1 (バンブーコミックス WIN SELECTION)

 
あいまいみー (2) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

あいまいみー (2) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

 

 

11.ダンジョン飯4巻 ★★★★☆

 レッドドラゴン意外に早かった。

 

12.働かないふたり 10巻 ★★★★☆

変わらず面白いんだが、変化なさすぎなのがなあ 

働かないふたり 10巻 (バンチコミックス)

働かないふたり 10巻 (バンチコミックス)

 

 13〜20.まりかセヴン 1〜8巻 ★★★☆☆

 絵柄がホント古臭い。80年代のあさりよしとおの匂いがする。話的には究極超人あ〜るとか雰囲気かぶるかなあ。でもまあそれなり。

 21.テンプリズム12巻(完結) ★☆☆☆☆

 近いうちになんか書く

テンプリズム 12 (ビッグコミックス)

テンプリズム 12 (ビッグコミックス)

 

22.キングダム 45巻 ★★★☆☆

 

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

今月は平均的に22冊。まりかセヴンは買わなくてもよかったなあ。風邪引いて寝てたせいだなあ。暇だったから・・・

 

 

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

kohidekazu.hatenablog.com

 

 

 

【マンガ】キングダム45巻 ネタバレその2 ★★★☆☆ 【考察】斉王 王建王って名前がおかしい

★★★☆☆ 【マンガ-キングダム】 【考察】

 

kohidekazu.hatenablog.com

 

この辺の史実に絡ませたストーリー展開こそキングダムの魅力だと思っているんですがどうでしょう

 

黒羊戦が秦の勝利に終わり一時休息している信たちですが、本国咸陽では大騒ぎです。蔡沢が李牧と斉王建を連れ戻ってきたのです。

 

Amazonで偉そうに「このクラスの人が使者として来ることはありえません」とか書いている人がいましたが、うーん、来たはずなんだけどなあ。今記憶で書いているので勘違いかもしれないけど、李牧も斉王も秦に来た覚えが・・

 

それから斉王の名前ですが

田建 - Wikipedia

 

基本的に王の名前は諡号と言って、死んだあとに名前が決まります。じゃあ生前はなんて言ってたのか気になるところですが、私達が普段読んでいる名前で呼ばれていたことはありません。(基本的に)日本でも天皇陛下にはそうですよね。今の陛下を「今上帝(きんじょうてい)」と呼び、崩御され次の御代になった時にはじめて諡号が決まります。

 

ところがです、この王建については、生きている間に斉が滅亡してしまったため諡号がありません。

歴代君主
太公(田和、紀元前386年 - 紀元前385年)
田剡(紀元前384年 - 紀元前375年)
桓公(田午、紀元前374年 - 紀元前357年)
威王(田因斉、紀元前356年 - 紀元前320年)
宣王(田辟彊、紀元前319年 - 紀元前301年)
湣王(田地、紀元前300年 - 紀元前284年)
襄王(田法章、紀元前284年 - 紀元前265年)
王建(田建、紀元前265年 - 紀元前221年)

田斉 - Wikipedia

「公」→「王」になってますが、他の君主は「◯公」「◯王」なのに王建だけ「王」の場所が違いますよね。

これは諡号がないためだと思われます。

 

斉王であった「田建」なので、王建 。

なので、「王建王」は非常に違和感。

まあキングダムは私なんかよりよっぽど史記を読み込んでると思われるので、わかった上でのネーミングなんでしょうが。

 

それよりも口から蛇が出てる方が不思議

 

 

【マンガ】キングダム45巻 ネタバレ その1★★★☆☆ 人命はもっと軽かったとおもう。黒羊戦終結と新規加入 那貴と蒼兄弟

★★★☆☆ 【マンガ-キングダム】 【マンガ】

長かった。

ようやく終わった。

正直言って今までのキングダムの中で一番面白くなかった。

 

古代の戦闘において虐殺と乱暴と強奪はあったと思うんですよね。

今ほど人命が重くない時代ですから、桓騎のようなこともあったかと思うし。

で、信がそれをやらないってのもありだと思いはします。

ただしそれは住民の反感を買わずにできるだけ穏やかに占領政策をすすめるためであるべきだし、その視点がまったくないのが不満。

 

ちょっと青臭いし嘘くさい。

 

桓騎もあんなに悪人ではなく、あれがふつう(は言いすぎ?)だと思うし。

このあと、秦が滅亡にいたる過程で劉邦が咸陽に乗り込み、金銀財宝や女性に目がくらみ手を付けようとしますが、部下に諌められ手を付けませんでした。

劉邦 - Wikipedia

その逆に項羽は秦最後の王嬰を殺し、咸陽を焼き払い、金銀財宝を奪いました。これが項羽と劉邦の人気・評判の差となり、最終的に劉邦が勝利し漢をひらきます。

項籍 - Wikipedia

 

戦争面の戦略・戦術ではなく、そういった方面にこそテンちゃんに活躍してほしいんだが。

 

新加入が桓騎のとこにいた那貴

 

それと、巻の最後の方ですが弓兵隊選抜でみつかった中華十弓 蒼源の遺児 蒼兄弟

 

 

 

 

kohidekazu.hatenablog.com